倉敷・総社・玉野・早島・岡山その他の地域情報をお届け

KCTニュース

月~木/17:00~17:30 他

月~木/17:00~17:30 他

倉敷成人病センター 子どもたちがロボット手術体験

最新鋭の手術支援ロボットなどを操作する体験を通じて、子どもたちに医療への関心を深めてもらうイベントが、倉敷成人病センターで開かれました。

事前に応募した小学3年生から6年生までの約50人が参加しました。
手を洗ってから向かったのは、倉敷成人病センターで実際に使われている手術室。
中にそびえる大きな機械が、2019年から導入している手術支援ロボット「ダビンチ」です。
操縦台に座って3D映像をのぞき込みながら、ハンドルでロボットを操作します。
すると、アームに取り付けられた内視鏡や鉗子というハサミのような器具が動きます。
子どもたちは、鉗子をうまく使いながら、袋に入った飴玉や直径2cmのビーズを移動させるミッションに挑戦しました。
もう一つのロボットが、こちら。
西日本で初めて導入されたダビンチの「SP」と呼ばれる最新型です。倉敷成人病センターでは
今年の5月から稼働しています。
一つ前のタイプはアームが4本で、実際の手術で穴をあける箇所が4つほど必要でしたが、最新型の「SP」はアームが1本にまとまっているため、開ける穴は1カ所で済むそうです。
このことから、体への負担がさらに軽くなると期待されています。
また、内視鏡や鉗子の根元が手首の関節のように自由に曲がるのも特徴です。
子どもたちは、二つのロボットを実際に操作することで、微妙な違いを感じたようです。
子どもたちは、モニターを見ながら手作業で行う内視鏡手術も体験し、ロボットとの違いを体感していました。
また、鶏肉を電気メスで切って、ステープラーでつなぎ合わせる模擬手術にも挑戦。
気分はお医者さんです。
倉敷成人病センターでは、病院の役割や機能を身近に感じてもらおうと、最新の医療機器を体験できる子ども向けイベントを初めて企画しました。

KCTニュース動画

  • 放送日:2023/08/06(日)
  • 担当者:六路木 謙治
おすすめ記事
水彩や油彩など約60点 伯秋会 絵画展
親子と楽しい時間を ママ友パネルシアター奮闘中
阿智神社・阿知の藤 間もなく見ごろ
みんなの思いを乗せて甦れ!貴重な国鉄車両
出水期を前に 高梁川で堤防の危険箇所点検
倉敷周辺でイチゴ狩りが体験できるスポット6選
≪生出演≫5期目の当選 倉敷 伊東香織市長
井上家住宅 一般公開1周年記念 落語会

Copyright (C) KCT Co.,Ltd. All Rights Reserved.

JASRAC許諾番号:5770546002C21040