倉敷・総社・玉野・早島・岡山その他の地域情報をお届け

KCTニュース

月~木/17:00~17:30 他

月~木/17:00~17:30 他

倉敷美観地区の国重文 旧大原家住宅蔵の外壁に落書き

倉敷美観地区にある国指定重要文化財「旧大原家住宅」の蔵の外壁に落書きが見つかり、きのう12日、建物を所有する会社が毀損届を提出しました。

落書きが見つかったのは、旧大原家住宅・語らい座大原本邸の北側に位置する蔵の外壁です。
なまこ壁の瓦部分に「長」や「店」の漢字と読める彫ったような文字があります。
10日に来場者から旧大原家住宅へ連絡があり12日、建物を所有する三楽の虫明優社長などが状況を確認しました。
旧大原家住宅は1795年に着工、明治中期にほぼ現在の形になりました。
1971年に国の重要文化財に指定され2018年から「語らい座大原本邸」として一般公開されています。
落書きはほかにもありますが、今回発見されたものも含め時期は不明ということです。
被害届の提出は見送り、きのう12日、文化庁長官宛ての毀損届を倉敷市教育委員会に提出しました。
落書きの外壁については、建物の修理のタイミングに合わせて修復を検討するということです。

KCTニュース動画

ご迷惑をおかけいたします。現在、混み合っています。(KCT-Net非会員様:こちらの動画は会員専用のサービスです)
  • 放送日:2023/12/13(水)
  • 担当者:引地 麻衣夢
おすすめ記事
倉敷周辺のゴールデンウィーク イベント情報2024
中国デジタルコンテンツアワード 県大の学生が最優秀賞
親子と楽しい時間を ママ友パネルシアター奮闘中
水島吹奏楽団 19日に定期演奏会
みんなの思いを乗せて甦れ!貴重な国鉄車両
企業の成長発展に向け 県知事と県民が意見交換 
倉敷周辺でイチゴ狩りが体験できるスポット6選
天皇皇后両陛下 真備町をご訪問

Copyright (C) KCT Co.,Ltd. All Rights Reserved.

JASRAC許諾番号:5770546002C21040