倉敷・総社・玉野・早島・岡山その他の地域情報をお届け

KCTニュース

月~木/17:00~17:30 他

月~木/17:00~17:30 他

住民の防災力高める 真備町薗地区で防災イベント

西日本豪雨災害の発生から今月で6年が経ちました。
倉敷市真備町薗地区では、体験や展示を通して住民の防災意識を高めるイベントが開かれました。

薗地区では、7月の第一日曜日を「その防災の日」として、地区のまちづくり推進協議会と社会福祉協議会が中心となり、おととし(2022年)から防災イベントを開いています。
今年は、会場の薗小学校に体験や展示の8つのコーナーが設けられ、住民約150人が参加しました。
体育館では、大規模な災害が起こった時家族などに安否を知らせるメッセージを残せる「災害用伝言ダイヤル」や、AEDの使い方などを学んだほか、真備町の災害からこれまでの歩みがパネルで紹介されました。
また、中庭では住民同士が連携する力を高めようとバケツリレー競争が行われました。
豪雨災害で、薗小学校がある真備町市場は大きな被害を免れましたが、有井では末政川の堤防が決壊してまちの広範囲が浸水し15人が犠牲となりました。
災害から6年が経ち、当時の記憶が徐々に薄れていることや、地域によって防災意識に差があることが課題となっているため、まちづくり推進協議会などは「その防災の日」を通じて住民に改めて防災について考えてほしいとしています。
イベントの最後には、倉敷市消防音楽隊が演奏を披露するとともに、防災や防火への呼びかけを行いました。

KCTニュース動画

ご迷惑をおかけいたします。現在、混み合っています。(KCT-Net非会員様:こちらの動画は会員専用のサービスです)
  • 放送日:2024/07/10(水)
  • 担当者:森 絢子
おすすめ記事
【倉敷周辺イベント情報】今週末のおでかけ、どこに行く?
優秀標語の小中学生5人を表彰 「社会を明るくする運動」総社市推進大会
親子と楽しい時間を ママ友パネルシアター奮闘中
とれたての桃が勢ぞろい 農マル園芸・おかやま桃祭り
みんなの思いを乗せて甦れ!貴重な国鉄車両
倉敷ビューティーカレッジ  校内アップスタイルコンテスト
【夏の高校野球岡山大会】組み合わせ速報2024
過去10年で最多 岡山県で手足口病患者が急増

Copyright (C) KCT Co.,Ltd. All Rights Reserved.

JASRAC許諾番号:5770546002C21040