倉敷・総社・玉野・早島・岡山その他の地域情報をお届け

KCTニュース

月~木/17:00~17:30 他   金・土・日/17:00~17:15 他

月~木/17:00~17:30 他
金・土・日/17:00~17:15 他

防災・環境・倉敷らしさを発信 新しい倉敷商工会館が竣工

ご迷惑をおかけいたします。現在、混み合っています。(KCT-Net非会員様:こちらの動画は会員専用のサービスです)
倉敷商工会議所が建設を進めていた新しい倉敷商工会館が完成し、きょう(14日)竣工を祝う式典が行われました。


鉄骨造り地上7階建ての新しい商工会館です。
木のぬくもりを感じる天井が特徴的な7階の大会議室で、竣工祭が執り行われました。
倉敷商工会議所の議員など政財界関係者およそ100人が出席し、新しい商工会館の完成を祝いました。
今の商工会館が建設から50年を超えて老朽化していることから、およそ15億円を投じて建てられた新しい商工会館。
倉敷らしさを表した外観が特徴のほか、建物全体に環境への配慮が施されています。
壁の断熱材を一般的なビルの3倍の厚さにしたり、太陽光発電を備えるなど、エネルギー消費量を大幅に削減。
商工会議所としては全国で初めてZEB=ゼロ・エネルギー・ビルディング実証事業に採択されました。
特に力を入れたのが防災対策です。
西日本豪雨災害を教訓に、電源や通信機器などの施設は2階以上に置き、まわりが浸水した時に船が横付けできる屋外階段を設けました。
また、商工会館を一時避難場所として地域住民などが利用することを想定しています。
竣工にあわせて、倉敷商工会議所の井上峰一会頭と、倉敷市の伊東香織市長が、一時避難所としての利用に関する協定を結びました。
井上会頭は、非常災害時だけでなく、日常でも地域に開かれた商工会館となるよう、情報発信も積極的に行う考えを示しました。
新しい商工会館には、1月末までに商工会議所とテナントが移転します。
今の商工会館は2月から解体し、9月末までに駐車場や緑地を含めた整備を終える計画です。
  • 放送日:2022/01/14(金)
  • 担当者:六路木謙治
おすすめ記事
阪神・淡路大震災から27年 今できる備えを
倉敷市とMASC 災害時の無人航空機協定を締結
倉敷商工会議所 新会館にカフェがオープン
新型コロナ感染 県内過去最多の483人
リサイクル体験講座 畳縁のひな人形づくり
県内の薬局など 新型コロナの無料検査はじまる
玉野光南高吹奏楽部 商業施設でコンサート
玉野・暮石地区 親子もちつき大会

Copyright (C) KCT Co.,Ltd. All Rights Reserved.

JASRAC許諾番号:5770546002C21040