倉敷・総社・玉野・早島・岡山その他の地域情報をお届け

KCTニュース

月~木/17:00~17:30 他

月~木/17:00~17:30 他

倉敷・真備の豪雨災害仮設住宅 市場仮設団地 撤去作業始まる

ご迷惑をおかけいたします。現在、混み合っています。(KCT-Net非会員様:こちらの動画は会員専用のサービスです)
西日本豪雨被災者向けの仮設住宅のうち、倉敷市真備町の市場仮設団地できょう(20日)から撤去作業がはじまりました。
これまで市内に6つあった仮設団地のうち4つが閉鎖されたことになります。


市場仮設団地は2018年9月末に、タケシンパッケージ真備工場の隣に53戸整備されました。
多い時は51戸に119人が仮住まいをしていましたが、今月4日に最後の2世帯4人が仮設住宅を出たことから、閉鎖することになりました。
撤去作業は、照明やエアコンなどの電気機器や流し台といった水回りなど、部屋の中にある設備を取り外すところからはじまり、その後プレハブを解体。
3月までに作業を終える計画です。
倉敷市内には建設型仮設住宅の団地が最大6ヵ所266戸整備されていましたが、現在は二万と真備総の2ヵ所のみで、あわせて9戸に22人が身を寄せています。
なお、仮設住宅の入居期間はこれまで2回延長され、2022年7月までとしていましたが、このほど堤防工事や復興防災公園に関係する場所に住んでいた世帯を対象に、さらに1年の延長が認められています。
  • 放送日:2022/01/20(木)
  • 担当者:六路木謙治
おすすめ記事
吉備再発見写生大会
児島・ベティスミス 国産ジーンズ資料館リニューアル
みんなの思いを乗せて甦れ!貴重な国鉄車両
天満屋倉敷店 初夏の東北物産フェア
5月2日新型コロナ感染 県内362人 倉敷市96人 玉野市6人 総社市4人
倉敷翠松高校運営の片山学園 杉 愼吾学園長が逝去
岡山県議会 新議長に加藤浩久氏を選出
SNSでも発信中! みやま公園 初夏の花が見ごろ

Copyright (C) KCT Co.,Ltd. All Rights Reserved.

JASRAC許諾番号:5770546002C21040