倉敷・総社・玉野・早島・岡山その他の地域情報をお届け

KCTニュース

月~木/17:00~17:30 他

月~木/17:00~17:30 他

3県8校が全国大会目指す 軟式野球東中国大会開幕

ご迷惑をおかけいたします。現在、混み合っています。(KCT-Net非会員様:こちらの動画は会員専用のサービスです)
高校軟式野球の全国大会出場を懸けた東中国大会がきょう(31日)、開幕しました。

全国高校軟式野球選手権の東中国大会には岡山、島根、鳥取の3県から県大会を勝ち抜いた8校が出場しました。
岡山県からは、倉敷工業、総社、玉島、矢掛の4校が出場していて全国大会出場の1枠をかけ、熱い戦いを繰り広げます。
倉敷市中庄のマスカットスタジアムで行われた開会式では、前回大会覇者島根県の浜田高校から優勝旗が返還された後県立玉島高校の佐藤翔磨主将が選手宣誓を行いました。

マスカットスタジアム補助球場での初戦。
総社が、鳥取工業と対戦しました。
試合が動いたのは、5回表。
互いに1点を入れ追加点が欲しい状況で総社は、ツーアウトから2番 角田、3番 矢野が連続ヒットで出塁。
ランナー1・2塁とチャンスの場面でバッターは、4番 中村。
鳥取工業、エース藤田の球をレフト前に運び追加点をあげます。
その後、互いに得点がないまま、総社リードで迎えた9回裏、総社は、2アウト満塁のピンチを迎えます。
エース的場に変わり登板した角田が鳥取工業、谷長に投げた5球目。
ショートのエラーの間に2人が生還し2対3で逆転サヨナラ負け。
総社は、初戦敗退となりました。
なお、大会は来月3日まで試合が予定されていて、優勝校は来月24日から兵庫県で行われる全国大会に出場します。
  • 放送日:2022/07/31(日)
  • 担当者:土岐和也
おすすめ記事
岡山デスティネーションキャンペーン エリアの内容は?
水島商店街の土曜夜市が3年ぶりに開催!7月2日から毎週土曜日
映画たどり平和を考える 水間正雄 水彩スケッチ展
8月11日新型コロナウイルス 県内3287人 死亡3人 倉敷955人 総社98人 玉野79人 早島13人
みんなの思いを乗せて甦れ!貴重な国鉄車両
幸せを運ぶ鳥 コウノトリ3羽が足守川に飛来
8月4日新型コロナ感染 県内3184人 過去最多を更新 5人死亡
県知事と備中エリア市長・町長 コロナ・まちづくりなど意見交換

Copyright (C) KCT Co.,Ltd. All Rights Reserved.

JASRAC許諾番号:5770546002C21040