倉敷・総社・玉野・早島・岡山その他の地域情報をお届け

KCTニュース

月~木/17:00~17:30 他

月~木/17:00~17:30 他

くらしき環境フェスティバル

環境問題やSDGsについて、様々な体験を通して楽しみながら考えてもらうイベントが倉敷市で開かれました。

去年、一昨年と新型コロナの影響で中止となっていた「くらしき環境フェスティバル」が水島あいあいサロンを会場に、3年ぶりに開催されました。
会場では「ゼロカーボンとSDGs」をテーマとして、倉敷市内外で環境活動を行っている企業や団体、学校などが体験型のブースを出展しました。
特に人気を集めていたのは、倉敷市下水道部が企画したこちらの企画。
「マンホールdeアート」と題した、実物の倉敷市のマンホール蓋を使っての版画体験です。
参加した人は繰り返し使うことができる布製のトートバッグに“マンホール柄”をプリントし、世界で一つだけのエコバッグを作りました。
また、ステージでは水島あいあいサロンで活動するキッズダンスチームなどが演技を披露。
そのステージの音響システムの電源は水素燃料電池の自動車から供給されました。
このほか、会場には30以上の様々なブースが設けられ、訪れた家族連れなどは環境問題やSDGsについて楽しみながら学んでいました。
来月(10月)2日(日)には連携イベントとして、ゴミの減量などについて考えてもらおうと、「リサイクルフェアinくらしき」が倉敷市リサイクル推進センターで開かれます。
  • 放送日:2022/09/24(土)
  • 担当者:横山 佑輔
おすすめ記事
11月30日 新型コロナ感染 1人死亡 倉敷市保健所533人 県内2060人
県中学校駅伝大会 全国大会出場をかけて熱戦
みんなの思いを乗せて甦れ!貴重な国鉄車両
総社市消防本部 消防写生大会の入賞者作品展
回収困難な場所から ドローンで海ゴミの搬出実験
総社・宝福寺 あすから方丈を特別公開
倉敷市よい子いっぱい基金 未来を考える会が寄付
児童虐待防止・DV根絶 倉敷駅前で啓発活動

Copyright (C) KCT Co.,Ltd. All Rights Reserved.

JASRAC許諾番号:5770546002C21040