倉敷・総社・玉野・早島・岡山その他の地域情報をお届け

KCTニュース

月~木/17:00~17:30 他

月~木/17:00~17:30 他

議題は「部活動の地域移行」 そうじゃ子ども議会が開会

総社市で今月12日中学生が市政に対し疑問や要望をぶつける「そうじゃ子ども議会」が開かれました。

総社市内4つの中学校から19人の生徒が参加し、行われた「そうじゃ子ども議会」。
中学生が議員として実際の議会さながらに市長や、市の幹部職員に対し疑問や要望をぶつけていきます。
今回の議会でテーマとなったのは「部活動の地域移行」です。
「部活動の地域移行」とは少子化や、教員の長時間労働の解消を背景に現在、学校で行っている部活動を地域のスポーツクラブや民間の事業者に委託し行っていくというものです。
総社市では、この取り組みの実現に向け、今年9月に準備委員会を設置し令和7年を目途にまずは休日の部活動から段階的に地域移行していくことを目指しています。
議会では、この取り組みの当事者となる中学生から様々な疑問や要望が挙げられました。
中でも多くの質問が出たのが地域移行した際の活動の規模についてです。
また、先月3日から募集を開始した地域での指導者についての質問もありました。
この他にも、活動の費用や場所の問題などおよそ3時間の議会の中で多くの質問が飛び出しました。
総社市では、今後この議会で出た意見を参考に部活動の地域移行の準備を進めていきます。
  • 放送日:2022/11/15(火)
  • 担当者:土岐 和也
おすすめ記事
横溝正史ゆかりの地・真備町 金田一耕助のコスプレで聖地巡り
中高生ボランティア団体「we are」 玉野の町を元気にと竹灯籠作り
みんなの思いを乗せて甦れ!貴重な国鉄車両
11月23日 新型コロナ感染 3人死亡 倉敷市保健所530人 県内2156人 
倉敷商工会議所 永年勤続の71事業所122人を表彰
ボジョレー・ヌーヴォー解禁イベント
総社市議会11月定例会開会 人とペット共生社会実現の条例案提案
倉敷市出身プロゴルファー 尾関選手 JFEスチールで交流

Copyright (C) KCT Co.,Ltd. All Rights Reserved.

JASRAC許諾番号:5770546002C21040