倉敷・総社・玉野・早島・岡山その他の地域情報をお届け

KCTニュース

月~木/17:00~17:30 他

月~木/17:00~17:30 他

76年の歴史に幕 羽島窯 最後の窯出し展

今月いっぱいで76年続いた歴史に幕を下ろす倉敷市の民芸窯「羽島窯」で最後の窯出し展が開かれています。


羽島窯の誕生は今から76年前の1946年。
酒津焼の職人でろくろの達人として知られた小河原虎吉が実業家の大原総一郎などの援助を受け倉敷市羽島に窯を開きました。
羽島焼は生活の中で使ってもらうことを念頭に作られていて簡素で落ち着いた雰囲気が特徴です。
虎吉が亡くなった後は三女の和子さんとその夫 勝康さん、そして四女の常美さんの三人が窯を引き継ぎ、羽島焼を守り続けていきました。
しかし、5年前に勝康さんがそして今年3月に和子さんが亡くなり後継者もいないことから常美さんは、今月いっぱいで76年続いた窯を閉じることを決めました。

これまでの感謝を込めた最後の窯出し展ではこれまで作ってきた700点に加え常美さんの新作200点あわせて900点が展示・販売されています。
また、虎吉の遺作なども展示し羽島窯の集大成となる展示会となっています。
会場には、窯の最後を惜しむ多くの人が訪れていました。

羽島窯最後となる窯出し展は今月30日まで羽島窯の展示場で開かれています。

KCTニュース動画

  • 放送日:2022/11/27(日)
  • 担当者:土岐和也
おすすめ記事
倉敷周辺でイチゴ狩りが体験できるスポット6選
女子バレーボール Ⅴ3リーグ 倉敷アブレイズ 2位で最終戦へ
親子と楽しい時間を ママ友パネルシアター奮闘中
コロナ禍以前のにぎわい戻る 倉敷・熊屋酒造で新酒まつり
みんなの思いを乗せて甦れ!貴重な国鉄車両
明治時代の風情感じる 築116年の町家 「難波家本宅」オープン
総社・サンロード吉備路 次期指定管理者決まる
県内「定点把握」1医療機関当たり 新型コロナ11.9人  インフル18.63人

Copyright (C) KCT Co.,Ltd. All Rights Reserved.

JASRAC許諾番号:5770546002C21040