倉敷・総社・玉野・早島・岡山その他の地域情報をお届け

KCTニュース

月~木/17:00~17:30 他

月~木/17:00~17:30 他

新型コロナウイルス 総社市 5類移行で対応方針

新型コロナを5月8日から2類相当から5類に移行する政府の方針を受け、総社市はきょう(10日)連絡会議を開き、地域住民などに先月の感染症専門家会議で決めた市の方針を伝えました。

総社市役所で行われた連絡会議には、片岡聡一市長や各地区の地域づくり協議会などから約30人が参加しました。
会議では新型コロナウイルスの5類移行を踏まえ、国の見直しを基本として総社市の対応方針の案を次のように発表しました。

(1) 24時間電話相談窓口の当面継続
(2) 患者・濃厚接触者への行動制限の撤廃、支援の終了
(3) ワクチンの接種をできる体制の継続
(4) 新型コロナウイルス感染症対策室の当面継続―です。

また、政府は今月13日(月)からマスクの着用について個人の判断としていますが、総社市では重症化リスクの高い人が集まる医療機関や高齢者施設などではマスクを着用するとしていて、TPOに応じた着脱を呼びかけています。

KCTニュース動画

ご迷惑をおかけいたします。現在、混み合っています。(KCT-Net非会員様:こちらの動画は会員専用のサービスです)
  • 放送日:2023/03/10(金)
  • 担当者:宮本 梨里
おすすめ記事
【倉敷周辺イベント情報】今週末のおでかけ、どこに行く?
作山古墳の保存活用に向け   総社市・作山古墳調査活用事業開始
親子と楽しい時間を ママ友パネルシアター奮闘中
ロックな愛を大声で叫ぶ 「たまののロック(岩)の日」
みんなの思いを乗せて甦れ!貴重な国鉄車両
短冊に願い込め 総社の園児が七夕飾り
【夏の高校野球岡山大会】組み合わせ速報2024
吉備再発見写生大会 表彰式

Copyright (C) KCT Co.,Ltd. All Rights Reserved.

JASRAC許諾番号:5770546002C21040