倉敷・総社・玉野・早島・岡山その他の地域情報をお届け

KCTニュース

月~木/17:00~17:30 他

月~木/17:00~17:30 他

総社・障がい者支援事業所 ウクライナ支援マスク販売開始

ご迷惑をおかけいたします。現在、混み合っています。(KCT-Net非会員様:こちらの動画は会員専用のサービスです)
総社市内の障がい者就労支援事業所がウクライナを支援するマスクを制作しきょうから販売を始めました。

販売が始まったのは、黄色と青色の布を縫い合わせたウクライナカラーのマスクです。
販売開始式には、片岡聡一市長や総社デニムマスク実行委員会の坪井直人委員長が出席しました。
総社市はウクライナの避難民の受け入れ支援を表明していて、市内の障がい者事業所でもなにかできないかと、今回ウクライナ支援マスクの製作販売を企画しました。
支援マスクは通常型が1000円、ダイヤモンド型は1500円で、売り上げのおよそ半分がウクライナ支援に活用されます。
市役所を訪れた市民が、さっそく買い求めていました。
支援マスクの販売開始に合わせウクライナカラーのグッズやお菓子も期間限定で販売されています。
総社市は、障がい者の活動を通して支援の輪を広げていきたい考えです。
ウクライナ支援マスクは総社市役所で販売されています。
  • 放送日:2022/05/11(水)
  • 担当者:引地麻衣夢
おすすめ記事
#KCT私のニュース 龍泉寺のトキソウ
玉野・テーマパーク 端午の節句飾りで賑わう
みんなの思いを乗せて甦れ!貴重な国鉄車両
5月3日新型コロナ感染 県内423人 倉敷市93人 総社市10人 玉野市9人
清音地区のシンボル ツツジ
種松山公園西園地 色とりどりのバラ
きょうは「病院の日・看護の日」 老人ホーム利用者が医師に花束贈呈
倉敷科学センター「こどもの日スペシャル」 あす5日も開催

Copyright (C) KCT Co.,Ltd. All Rights Reserved.

JASRAC許諾番号:5770546002C21040