倉敷・総社・玉野・早島・岡山その他の地域情報をお届け

KCTニュース

月~木/17:00~17:30 他

月~木/17:00~17:30 他

県・インフル同時流行と第8波備え きょうからワクチン接種強化期間

ご迷惑をおかけいたします。現在、混み合っています。(KCT-Net非会員様:こちらの動画は会員専用のサービスです)
岡山県はきょう(17日)新型コロナ対策本部会議を開き、コロナとインフルエンザの同時流行に備えた対応として医療体制を強化することを決定し、早期のワクチン接種を促すためきょうから来月30日までを「オミクロン株対応ワクチン接種強化期間」と定めることを発表しました。

きょう開かれた対策本部会議では、県内の新型コロナ陽性者数や確保病床使用率があがっている状況を踏まえ、季節性インフルエンザのピークとコロナが重なった場合、岡山県では1日に1万1900人の患者数が想定されると報告がありました。
同時流行と第8波に備え、早期のワクチン接種を促すためきょうから来月30日までを「オミクロン株対応ワクチン接種強化期間」と決定。
来月26日から30日までの5日間の夜間に岡山県医師会館で年末接種(ファイザー(BA.4―5))、川崎医科大学総合医療センターでは12月の毎週金曜日午後3時半から午後5時半まで予約なし接種会場((モデルナ(BA.4―5))が設けられます。
そのほか、12月に大学での出前接種を実施する予定です。
また、医療体制については、診療、検査医療機関をきょうから31機関増やした646機関とするほか、年末年始を含めた休日診療を行う医療機関への支援や、高齢者施設などのスタッフの集中的検査の対象を拡大することを発表しました。
(倉敷市、岡山市は各紙の判断で実施)

会見では、
▼マスクや手洗いなど基本的な感染対策の徹底
▼体調不良時に備えた検査キットや解熱剤の購入
▼コロナとインフルエンザの早期のワクチン接種
といった同時流行を見据えた知事メッセージが発表されました。
  • 放送日:2022/11/17(木)
  • 担当者:引地 麻衣夢
おすすめ記事
11月18日 新型コロナ感染 3人死亡 倉敷市保健所302人 県内1341人
《ゲスト出演》体験して保健や福祉を学べる 23日のくらしき健康福祉プラザまつり
みんなの思いを乗せて甦れ!貴重な国鉄車両
11月22日 新型コロナ感染 3人死亡 倉敷市保健所495人 県内1859人
総社市 ペット共生条例を議会に提案
横溝正史ゆかりの地・真備町 金田一耕助のコスプレで聖地巡り
第30期 倉敷藤花戦第二局 里見倉敷藤花が連勝 8連覇達成
倉敷市の若手職員 航空会社の社員から仕事の姿勢学ぶ 

Copyright (C) KCT Co.,Ltd. All Rights Reserved.

JASRAC許諾番号:5770546002C21040