倉敷・総社・玉野・早島・岡山その他の地域情報をお届け

KCTニュース

月~木/17:00~17:30 他

月~木/17:00~17:30 他

個性豊かな作品が集結 倉敷京都国際文化交流展

倉敷と京都で活動する作家の作品が一堂に会す「倉敷京都国際文化交流展」がきょう(21日)から倉敷市立美術館で始まりました。

この作品展は文化都市 倉敷と京都の作家が交流することでお互いの地域の文化振興に繋げようと倉敷市在住の洋画家岡本悍久さんが開催しているものです。
2022年に初めて開催され多くの反響があったことから今年、2回目を開きました。
会場には、倉敷の作家18人京都の作家20人の計38人が手がけた個性豊かな作品およそ80点が並んでいます。
絵画や立体、インスタレーションなどジャンルは多岐にわたります。
カラフルに彩られたこちらの作品は岡山在住のアーティスト金孝妍さんの作品 「関係の影」です。
布のキャンパスを収縮しその表面にアクリル絵の具で色付けをするとキャンパスを広げたときに多彩な線が表れたそうです。
絵画のプロセスにこだわり現代アートの要素も取り入れています。
また、こちらは京都から岡山に引っ越してきた天乃 睦拓彫さんの作品です。
作品を囲むのは木を彫って作った3体の宇宙人。
人間の進化を促しています。
新たな時代に突入し変化する人間を表現しているそうです。
この他にも、会場にはジャンルや地域の垣根を超えた多彩な作品が並んでいます。
倉敷京都国際文化交流展は今月26日まで倉敷市立美術館で開かれています。

KCTニュース動画

ご迷惑をおかけいたします。現在、混み合っています。(KCT-Net非会員様:こちらの動画は会員専用のサービスです)
  • 放送日:2024/05/21(火)
  • 担当者:土岐 和也・石原歌乃
おすすめ記事
【倉敷周辺イベント情報】今週末のおでかけ、どこに行く?
サントピア岡山総社 プール開きに向け神事
親子と楽しい時間を ママ友パネルシアター奮闘中
倉敷市立市民病院へ 地元出身アーティストが作品寄贈
みんなの思いを乗せて甦れ!貴重な国鉄車両
倉敷・児島稗田町   アジサイの壁 しっとり
【夏の高校野球岡山大会】組み合わせ速報2024
職場体験リポート 昭和五つ星学園義務教育学校 髙杉眞妃さん ニュースポーツを取材

Copyright (C) KCT Co.,Ltd. All Rights Reserved.

JASRAC許諾番号:5770546002C21040