倉敷・総社・玉野・早島・岡山その他の地域情報をお届け

KCTニュース

月~木/17:00~17:30 他

月~木/17:00~17:30 他

総社市新年度当初予算案 人口増に挑戦 過去最大358億円

総社市は、3年連続で過去最大規模となった新年度当初予算案を発表しました。
人口の維持、そして増加を図るための政策へ積極的に予算配分しています。

一般会計の総額は、358億2000万円で、前の年に比べて54億円、率にして17.8%増えました。
物価高騰など経費の増加のほか、2025年3月完成を目指す総社市役所新庁舎に関する費用59億9200万円が大きく影響しています。

前の年、片岡聡一市長は、人口7万人に再挑戦する予算と位置付けていましたが、今回は・・・。
総社市の人口は、2021年11月過去最多の6万9904人になったのを境に、減少と増加を繰り返していて、今年1月末でも7万人に301人足りません。
(2024年1月末6万9699人)
そこで市は、未来への投資という視点で予算を編成。
「人口増パッケージ」と銘打って、「結婚・出産」「子育て」「地域力向上」の3つのカテゴリーで、主に9つの施策を掲げ、総額6億円あまりを計上しました。
「結婚・出産」では、4月以降に子どもが生まれた家庭におむつ半年分を贈呈するなどの事業を展開します。
「子育て」では、中学校の給食費を新年度から無償化。
放課後児童クラブを3つ増設するほか、認可外保育所6カ所への助成制度を設け、保育環境を充実させます。

また、空き家対策では、移住者を誘致した自治会への交付金制度や、持ち主が売買や賃貸に応じた場合の応援金支給を行います。
高齢化が進む地域への支援や、生活道路の補修も積極的に行います。

このほか、当初予算案の新規事業では、作山古墳の調査活用事業に1200万円、4月開校の昭和五つ星学園義務教育学校に関する経費に3800万円などが盛り込まれています。

総社市の新年度当初予算案は、今月27日(火)開会の2月定例市議会に提案されます。

KCTニュース動画

ご迷惑をおかけいたします。現在、混み合っています。(KCT-Net非会員様:こちらの動画は会員専用のサービスです)
  • 放送日:2024/02/20(火)
  • 担当者:六路木 謙治
おすすめ記事
美容のプロ目指し 倉敷ビューティーカレッジ入学式
親子と楽しい時間を ママ友パネルシアター奮闘中
倉敷・種松山公園 気象情報
みんなの思いを乗せて甦れ!貴重な国鉄車両
倉敷市長・市議補選あす告示 市長選は無投票の可能性
倉敷周辺でイチゴ狩りが体験できるスポット6選
国民宿舎サンロード吉備路 4月から新指定管理者に交代
あすから期間スタート 春の交通安全県民運動 出発式

Copyright (C) KCT Co.,Ltd. All Rights Reserved.

JASRAC許諾番号:5770546002C21040